一般家庭とは異なり、工場や大型商店には高圧受電設備が備わっています。

とはいえ、高圧受電設備についてはあまり詳しくないという方も多いかもしれません。
今回は高圧受電設備とは何か?また点検は定期的に必要なのか?こうした点を解説します。

高圧受電設備とは?

原子力発電所、水力発電所、火力発電所、風力発電所などで作られた電気は、直接工場や一般家庭に送られるわけではありません。

通常はいくつかの変電所を通り、需要家(じゅようか)の必要とする電圧まで調整されます。大規模工場や大規模ビルや大型商業施設であれば、2回ほど変電所を通り23,000ボルト~77,000ボルトの状態で需要家の元に届けられます。

中規模工場や中小ビルであれば、配電用変電所を通り6,600ボルトまで降圧された状態で届けられます。

需要家の元に届けられた電気は、発電時と比較すれば降圧された状態ではあるものの、それでも照明施設や電気機器を使用するには、まだ電圧が高すぎる状態です。

そのため高圧電流を安全に敷地内に引き入れ、さらに電気機器で使用できる100ボルト~200ボルトまで降圧する必要があります。ここで必要になるのが高圧受電設備であり、設備は幾つかの部品で構成されています。

まず、非常に重要になるのが降圧するための機器である変圧器(キュービクル)と呼ばれるものです。その他には、進相コンデンサ、遮断器、断路器、電力ヒューズ、配線用遮断器、計器用変成器、電磁接触器などの機器によって高圧受電設備は構成されています。

つまり高圧受電設備は、工場やビルなどの施設専用の小さな変電所のような役割のため、定期的なメンテナンスや点検が欠かせません。

高圧受電設備は必ず点検をしよう!

高圧受電設備の点検は法令で定められているため、需要家(工場や商業施設)には点検の実施が義務付けられています。ではどれくらいの頻度で点検を実施する必要があるのでしょうか?大きく分けて月次点検と年次点検の2種類が義務付けられています。

月次点検は、専門の電気技術者が工場や商業施設の電気を止めずに行う点検です。まず高圧受電設備の外観点検と周辺状況の点検を行います。高圧受電設備から異臭や異音が出ていないか、配線や機械器具に破損や汚損が生じていないか、配線の取り付け状態に異常が発生していないかなどをチェックします。

周辺状況の点検は、引き込み設備、受電盤や配電盤、構造物に異常が発生していないか、負荷設備などの状態を確認します。月次点検には、さらに電圧や電流を測定し、電圧が適切に降圧されているのか、また負荷率が正しい水準になっているのかを検査します。

年次点検は、通常1年に1度以上、電気を完全に停めて点検を行います。但し例外的な処置として、高圧受電設備で使用する機器の性能や信頼性が非常に高い場合は、年次検査が3年に1度以上になる場合もあります。

最初に行われる点検は、低圧電路と高圧電路の絶縁抵抗測定を行い、絶縁状態が基準に適合しているのか検査を行います。その他には、電流などによって急激に起きる変化から、電気回路を守るための保護継電器(ほごけいでんき)と遮断器の連動性のチェックや動作が正常であるかも点検します。これは、高圧受電設備内で停電状態でしか点検できないため、必須です。

その他の点検機器には、貯蓄設備、非常用予備発電装置などが含まれます。どれか1つでも故障していたり、不具合が生じていると予期しない停電になったり、火災が発生する可能性もあるため、高圧受電設備点検は必ず実施しましょう。

・まとめ

高圧受電設備は、普段あまり意識しないかもしれませんが非常に重要な設備であり、仮にトラブルが起ると被害や損失は甚大なものとなります。

電気事業法によって月次点検と年次点検は義務付けられているので、必ず定期的に専門業者や電気主任技術者による点検を受けるようにしましょう。