よくあるお問合せ
HOME >  会社案内  > よくあるお問合せ
  • キュービクルとは何ですか?

    A

    キュービクルとはキュービクル式高圧受電設備(キュービクル/きゅーびくる/Cubicle)の略称で、発電所から変電所を通して
    送られてくる6,600Vの電気を100Vや200Vに変圧する受電設備を収めた金属製の箱の事を指します。
    詳しくは「キュービクルとは」をご覧下さい。

  • 高圧受電契約とは何ですか?

    A

    100Vや200Vに変圧されたものを受電する場合、低圧受電契約となります。主に使用電気の少ない一般家庭や小規模店舗などが
    この契約になります。対して多くの電気を使用する商業ビルや工場などは変圧前の6,600Vを受電する必要があり、その際に締結するのが
    高圧受電契約です。受電した6,600Vはそのままでは使用出来ませんので、各事業者が自己の責任のもと高圧受電設備を用意し運用します。

  • 高圧受電設備にはどのような形態がありますか?

    A

    高圧受電設備の形態として、電気室などの屋内開放形、キュービクル式、屋外開放形があります。
    近年では、大半のものがキュービクル式となります。

  • 受電設備容量とは何ですか?

    A

    受電設備容量とは受電電圧で使用する変圧器、高圧電動機、高圧引出し部分の合計容量(kVA)を指します。
    高圧電動機は定格出力(kW)をもって機器容量(kVA)とし、高圧進相コンデンサは受電設備容量に含めないものとします。

  • キュービクルを新設する場合、どのような届出が必要ですか?

    A

    受電電圧10,000V以上の需要設備である場合
     経済産業省(工事計画、主任技術者選任、保安規程)
     消防署(機器配置図、仕様書、配線図等)
     電力会社(電力需給契約、高圧引込工事申込)


    受電電圧10,000V未満の需要設備である場合
     経済産業省(主任技術者選任、保安規程)
     消防署(機器配置図、仕様書、配線図等)
     電力会社(電力需給契約、高圧引込工事申込)


    ※詳細については関係機関に御確認下さい。

  • キュービクルを移設する場合、どのような届出が必要ですか?

    A

    同一需要家敷地内での移設は下記の届出が必要になります。


    受電電圧10,000V以上の需要設備である場合
     経済産業省(変更の工事計画)
     消防署(機器配置図)
     電力会社(高圧引込工事申込)


    受電電圧10,000V未満の需要設備である場合
     消防署(機器配置図)
     電力会社(高圧引込工事申込)


    ※詳細については関係機関に御確認下さい。

  • 回路仕様が漠然としていますが見積もりは可能ですか?

    A

    もちろん可能です。弊社の社員が計画から設計までお客様と協議しながら対応します。

  • コンパクトなキュービクルを探していますがありますか?

    A

    小容量の場合は箱体の小さなサイズがあります。
    中容量から大容量の場合はモールド変圧器の実装やFANの増設など、大樹電気のノウハウを駆使してお客様のご要望にお応え致します。

  • 中古品のキュービクルでも大丈夫ですか?

    A

    キュービクル関係の耐用年数は部品により異なりますが、多くは30年~40年ほど使用出来ます。
    それに対し、増設や減設、移設などに伴うキュービクルの入替えは寿命前に行われることも多くあります。
    大樹電気ではお客様のご要望に応じ、事前に中古のリスクもご説明したうえでご提案いたします。
    ご納得頂き使用する場合の中古キュービクルは全てオーバーホールしておりますのでご安心下さい。
    なお、中古品を勝手に使用する事は有り得ません。ご要望の無い場合は新品での工事となります。

  • キュービクルの工事以外もお願いできますか?

    A

    もちろん可能です。エアコン工事や照明工事から架空引込工事など幅広く対応させて頂けますのでお気軽にご相談下さい。
    エアコン工事に関しましては 弊社空調工事部門のWEBサイト も是非ご覧下さい。