高圧電気工事でコスト削減!
HOME >  キュービクルについて  > 高圧電気工事でコスト削減!
  • 高圧受電契約で単価が下がる電気代

    高圧受電契約に切替えた場合の一例

    キュービクルなどの高圧受変電設備を備え、高圧受電契約を電力会社と結ぶ事で電気代の単価が下がります。電気代の単価は各電力会社のプランなどにより実に様々ですが、低圧受電契約時の1kWhあたりの単価と比較すると50~70%程度になる事が多いようです。

    これは、2店舗以上展開されているような店舗などの場合では年間で百万円以上のコスト削減に繋がる事もある、大きなコスト削減のチャンスと言えます。

    ※キュービクルの導入費用や保守・管理費用が別途必要です。

  • キュービクルの導入コストも中古品でコスト削減!

    キュービクル導入を中古にした場合の一例

    高圧受電契約を交わすにはキュービクルの導入が必要です。
    ではキュービクルの導入にはどの程度の費用が掛かるのでしょうか。

    費用は主に下記の条件などにより決まってきます。

    ■工事の種類・・・・・・・新設、増設、移設、減設
    ■施工立地・・・・・・・・・施工住所、隣接道路状況、設置階数、設置箇所
    ■キュービクル・・・・・・規模、容量、新品、中古品、台数
    ■納期・・・・・・・・・・・・・着工から竣工までに許された納期
    ■その他・・・・・・・・・・・特殊な要件など

    具体的な費用を算出するためには設置先の現地調査は必須です。規模などの条件次第では100万円~数百万円にもなるキュービクルの工事費ですが、中古品を使用するなど大樹電気のノウハウで数十万から百万円以上を削減する事も可能です。

    まずはお問合せ下さい。

  • 運用後も義務化されている保守点検料を削減!

    平成16年1月より、電気事業法で定められている電気保安管理業務が民間企業でも行えるようになりました。それまで財団法人の保安協会による独占事業だった電気保安管理業務料金は、営利組織による徹底したコスト管理や業務の能率化によってどんどん価格破壊が現在進行形で広がっています。

    これには高圧受電契約において「基本料金が最大デマンド値で決定する料金体系」という特性に着目したコスト削減方法も含まれており、料金の低価格化には明確な根拠があります。当社では保守点検業務を行っておりませんが、豊富な経験やノウハウがございますので利害を含まない第三者の立場として色々ご相談頂けます。

    高圧受電契約における電気料金の算出方法
  • この図の通り、月々の電気料金は電気の使用の有無を問わず必ず課金される「基本料金」と、使用量に応じて課金される「電気量料金」からなります。
    基本料金の単価は各電力会社の契約プランによってあらかじめ固定されています。この契約電力を下げる事が出来れば基本料金を安くする事が出来ます。

    つまり、契約電力の割り出し方を知る事が電気代節約の大きなカギなのです。

    契約電力の割り出し方法

このように、1年間の電気代の基本料金は、たった30分間の使用量で決まっているのです。

あなたが毎日社員に厳しく節電させても、たった1日、それもわずか30分だけ「好きなように電気を使わせてあげるか」と電気を大量に使う事があれば、
それだけでまったく無駄になってしまう可能性があるのです。

これが高圧受電契約における電気料金の算出方法の恐さでもあり、また上手く使えばコスト削減の武器にもなる料金体系の特性です。