キュービクルとは
HOME >  キュービクルについて  > キュービクルとは
  • キュービクル式高圧受変電設備とは

    キュービクル式高圧受電設備

    キュービクル式高圧受電設備(キュービクル/きゅーびくる/Cubicle)とは、発電所から変電所を通して
    送られてくる6,600Vの電気を100Vや200Vに変圧する受電設備を収めた金属製の箱の事を指します。

    高圧受変電設備そのものには閉鎖型と開放型がありますが、技術の進歩に伴い各機器の簡素化や
    省スペース化、設置・保守コストなどに優れたキュービクル式高圧受電設備=閉鎖型
    が一般的に
    なっています。開放型は、最近では少なくなりましたがビルの1室に専用の変電設備を設けているといった
    タイプのものがそれにあたります。

  • キュービクルはどんな時に必要?

    発電から需要家までの経路

    キュービクルはどんな時に必要なのでしょうか。

    通常、一般家屋では電柱から線を引き込み、各家庭の配電盤を通して
    コンセントなどまで電気を繋ぎます。この時電柱までの電圧は6,600Vと
    非常に高圧でこのままでは利用できません。そこで、電柱にぶら下がって
    いるバケツのようなものが一般家庭で使えように100Vや200Vに
    変圧しています。

    しかし、このバケツ(柱上変圧器)で変圧出来る容量には限りがあり、
    多くの電気を必要とする商業施設や、店舗、工場、オフィスビル
    などでは容量が足りません。

    こうした電気を多く使う場合に高圧受変電設備が必要になってきます。
    高圧受変電設備は開放型よりメリットの多い閉鎖型である
    キュービクル式が多く選ばれています。

  • キュービクルを利用する為には高圧受電契約が必要です

    契約を交わしている写真

    キュービクルが必要だからといって、いきなりキュービクルを利用する事はできません。
    キュービクルを利用する為には電力会社と高圧受電契約を交わす必要があります。

    どういう契約か簡単に説明しますと『沢山の電気を変圧する大変な作業は利用者で用意、
    保守して下さい。でもその代わり電気料金の単価は安くします。
    』という内容のものです。

    ※コスト削減については「高圧電気工事でコスト削減!」も合わせてご覧下さい。

    キュービクルの設置コストや保守コストは必要ですが、ずっと使い続ける大量の電気代に関しては
    安くなるという事ですので状況次第ではお得とも言えます。
    しかし、多くの電気を使用するビジネスにおいて必須のキュービクルと高圧受電契約は、言い換えれば
    高圧電気を24時間休み無く受電&変圧し続ける設備を自社で保有・管理するという事です。

    電気事業法ではこれに対しキュービクルの保安点検を月次・年次で行うことを義務付けています。
    社内の人材で行えない場合は委託する必要があります。補修なども含めた保守費用は決して安くは
    ありませんが、まだ大丈夫、まだ行ける!は命取りとなります。法定点検が存在するにはそれだけの
    理由があるのです。

    詳しくは「キュービクルが危ない!」をご覧下さい。

キュービクル3つのポイント +α